2013年03月12日

CSCサーバの一時的な障害

 CSCサーバにアクセスしようとしたら、以下のようなメッセージが表示されました。

nginx error!
The page you are looking for is temporarily unavailable. Please try again later.

Website Administrator
Something has triggered an error on your website. This is the default error page for nginx that is distributed with EPEL. It is located /usr/share/nginx/html/50x.html

You should customize this error page for your own site or edit the error_page directive in the nginx configuration file /etc/nginx/nginx.conf.

 nginxってなんだろうって思ってググると、nginxを発見。HTTP とリバースプロキシのサーバで、メールプロキシサーバでもあるようです。

 リバースプロキシという単語を初めて聞いたので、これもWikipediaのリバースプロキシで調べてみました。ここが使っている目的は、おそらく負荷分散かなと想像。

 コンパネにログインしようとすると、砂時計の後で「メンテナンス中」の文字が。と思ったら、少ししてログインできるようになりました。ごく一時的な障害だったようです。

 レンタルサーバサービスって、複雑なメカニズムで動いてるんでしょうね。何はともあれ、良かったです。

posted by 緋色 at 10:25| CSCブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月12日

livedoorブログのアダルト・アフィリエイト制限

 livedoorブログには、アダルトカテゴリーがあります。実験して確かめた訳ではありませんが、月額1890円のPREMIUMプラン以外ではアフィリエイトは出来ないようです。

 livedoor側の表現としては、「アフィリエイトサイトへのリンクはできますが、アフィリエイトIDがシステムによって自動削除されるため、収益を得ることができません」ということです。

 実験してみたところ、livedoorブログでは外部リンクはジャンプページを経由しなくてはならないので、そこでアフィリエイトIDを識別し、livedoor自身のIDと置き換えるという手法のようでした。

 しかし、画像やテキストからのリンクではなく、iframeを使ったインラインフレーム型のバナーでは、このページを経由せずにそのままジャンプするので、上記のやり方では置き換えられませんよね。

 また、この手法についても、すべてのアフィリエイト提供元について、正しくパターン認識して対応するのはプログラム的にはとても困難でしょう。

 つまり、正確に表現すると「アフィリエイトIDがシステムによって自動削除される場合があるため、収益を得ることができないことがあります」だと思われます。

 「リンクはしてもいいけど、収益はもらいますよ」は「リンクそのものが禁止です」とは違うので、その辺りのリスクとメリットを秤にかけつつ、アダルトカテゴリーでlivedoorブログを続けるか、他のサービスに移るかを考えるのが得策のようです。

posted by 緋色 at 17:00| livedoor | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月28日

CSCブログの不調

 半月ほど前ですが、CSCブログのサイトが変になったことがありました。現象としては、コンパネにはログオンでき、記事やサイドバーなどの内容を書き換えることは出来るのですが、それが表示に反映されず、記事そのものもまったく表示されないというものでした。

 そのままの状態が、1週間から10日くらい続きました。最近、エログシティやNews Handlerの閉鎖が続いていたので、このサービスも終了なのかなと、諦め半分でそう思いました。

 CSCブログのサービス提供元は、株式会社ウェブアイズ。東京都港区南青山2-11-13 南青山ビル4Fが所在地なのですが、調べてみるとここは青山バーチャルオフィスというフロアなんですね。

 インターネットでアダルト可のサービス提供元の多くは、規模的にさほど大きくない企業や個人が大半だと思います。なので、こういうサービスを利用するのも必要に迫られてのことでしょう。

 関連して調べてみると、FC2は米国籍の会社でなんだか謎な存在だし、ライブドアはいつの間にか韓国籍の企業になってるし。無料のアダルト系サービスの品質が不安定なのは、仕方ない気もします。

posted by 緋色 at 17:16| CSCブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
QLOOKアクセス解析
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。